slippers from OKUMURA

スリッパの種類❶

お問い合わせ

スリッパの種類❶ 外縫い(ソトヌイ)




なにげなくお家にあるスリッパ…
あまり気にも留めていないかもしれませんが実はスリッパには沢山の種類が

あります。 入社当時、スリッパに携わる事になり豊富なスリッパの種類に

驚かされたのを思い出します。



最近ではずらっと色々な種類が並んでいるスリッパコーナーを目にする事が

増えましたが、 さてどのくらいの方がスリッパの形の違いを理解し選ばれ

ているのかな?とふと気になり、今回より『スリッパの種類』について

お話ししていきたいと思います。(オクムラ調べ)




スリッパの定番、外縫い(ソトヌイ)とは?



まずは、とてもスタンダードなスリッパのかたち【外縫い(ソトヌイ)】
※自社オンラインショップでは、スタンダードスリッパと最近呼んで
います。必ず目にされた事のあるスリッパの代表的な形です。


なぜ【外縫い】という名前なのでしょう?
それは、スリッパを作る工程で本体の縫い代を全て外側に逃がし外側包み込んで縫製する為、外縫いと呼ばれています。


では、外縫いの特徴ってなんでしょうか?
◉甲がしっかりしているので、手を使わず履きやすく脱ぎやすい
◉比較的横幅があるのでゆったり履ける
◉かかとに程よいクッションがあり底が平面で平たいので履き心地が安定する
◉縫製で作り上げられているので洗濯が出来る物が多い(生地・装飾により洗濯不可も有り)


履かれる方がストレス無く履けるスリッパの代表なのが良くわかります。




外縫いというかたちの中にも更に掘り下げますと色々な種類があります。

例えば、甲のつま先が開いている開いていないとか。。。
つま先が開いているのは【前あき】つま先が被っているのが【前かぶり】と呼んでいます。

春夏スリッパは前開き、秋冬スリッパは前かぶりという季節性により使い分けていますが、最近ではデザインの一部と捉えてる所もあり通年商品では両方見受けられます。






次に【左右あり】と【左右なし】
左右同じ形で右や左を気にしなくて履けるのが【左右なし】です。 パパっと見ないで履かれる方はこちらがおススメですね。

反対に左右内側が少しくびれ、左右反対に履くと違和感があるタイプが【左右あり】です。 足は左右形が違いますので、足に馴染みやすく履きやすいのは左右有りになります。


ちなみに、右記画像の左右ありのかかとに付いているのは滑り止めになります。


シンプルだからこそ広がる多様性


スタンダードな形とはいえよりパーソナルな物を求められる昨今、細分化される形や生地・中材(クッション性のある素材や芯となる素材)により履き心地が変わり用途も変化します。 ポリウレタンと言われるビニール系や竹畳の天然素材など、素材に左右されず1つのかたちから多様な要素が作られるスリッパはなんとも奥深いアイテムです。

次回は外縫いと同じくらいよく目にする吊込(ツリコミ)・縁出(エンダシ)をお伝えします。

#スリッパ #slippers #スリッパのある暮らし #オクムラ

◆ゆったりサイズデニムスタンダードスリッパMLサイズ

履けば履くほど味が出るスリッパ

デニム好きにはたまらない

独特な風合いのあるデニム生地をスタイリッシュに仕上げました。

中敷きの爽やかなストライプとの相性も抜群です。

アクセントのレザー調のPU生地がデザイン性をアップ

履いても並べてもおしゃれ感が増します。

ブルー・ネイビー(MLサイズ)【¥880】


◆抗菌消臭性の竹炭繊維 モノクロストライプMLサイズ

気になるスリッパのニオイを解消

抗菌消臭性のある竹炭繊維を使用

シックでモダンなテイストのスタンダードスリッパです。

中敷には抗菌消臭性のある竹炭繊維を織り込んだ特殊なニット生地を使用しています。

中敷きは素足で履きたくなる滑らかな肌触りです。

ホワイト・ブラック(MLサイズ)【¥1,100】



ログインID
パスワード